ホームに戻る


音楽スタジオ検索
スタジオ検索TOPへ
レコーディングスタジオ

初心者FAQ集
GUITAR
BASS
DRUMS
VOCAL他

音楽人用掲示板
PC版BBS

携帯版音楽人
音楽スタジオ登録 音楽スタジオ登録

菊田俊介

ブルースに魅了され様々な海外アーティストとのコラボ。
今注目されるギターリスト、菊田俊介さんに聞いた...。


菊田 俊介
「interview」


_菊田さんがブルースギターに目覚めたきっかけを教えてください。


BBキングの[Live At Regal」を20歳くらいの時に聞いたの がきっかけです。最初のEveryday I have the bluesでガツンとやられました。

_バークレー留学中のエピソードはございますか。

まずは、いろんな生徒がいることに驚いた事ですね。中には、海外からの留学生で、自国ではジャズのスター・プレーヤーが バークリーでさらに学んでアメリカで一旗揚げようという、すでに完成 されたミュージシャンもいれば、音楽教育をほとんど受けていないよう な高校卒業したばかりの生徒もいました。今は入学も厳しくなったようですが、僕の頃は、けっこう誰でも入る事 はできたようです。そのかわり卒業するのは大変ですけどね。相対的にレベルは高く、自分にはやって行けるのか、不安に思う事も多 くありましたね。

日常生活では、冬の寒い時期にはマイナス10〜20度になる のに、アパートの暖房が壊れて、大家に苦情を言っても、知らん顔して 直してくれなかった時は、アメリカの非情な一面を見ましたね(笑い)。

あとボストンは、NYから近い事もあって本当にいろんなライブを 体験する事ができたのも大きいですね。今では信じられないけど、ジョニー・ウィンターとジョン・リー・フッ カーのジョイント・ライブ(しかもジョンリーが前座で)とか。

_演奏活動のフィールドを日本中心でなく海外に重点を置いているには何故ですか。

バークリーを卒業する前の年に、シカゴに遊びに来た(行った)んです が、ブルースがあふれているのに驚きかつ嬉しくなり、卒業後はシカゴ に移住しようと決めました。以来、縁あってシカゴで活動を続けさせて いただいています。でも今後は日本でのツアーや活動もどんどん増やし て行きたいと思っています。

_日本のミュージシャンと海外のミュージシャンの演奏に対する姿 勢、マインド等違いがありますか。

どうでしょうね。強いて言うとすれば、国民性の違いというか、アメリ カの(特に)黒人さんたちはいい意味でも悪い意味でもアバウトなとこ ろはありますね。あとは、アメリカのミュージシャンは、とにかく音を 楽しもう、という姿勢や気持ちを一番大切にします。それと、自分のス タイルを持つ事の大切さを説く人も多いですね。とにかく自分自身にな れ、という感覚は強いと思います。

_菊田さんが一番大事にしてるプレイのポイントは何ですか。

一言では難しいですが、まずは自分自身がエンジョイすること。それ と、周りのミュージシャンやお客さんも含めてその場全てを感じながら プレーすることでしょうか。それは音を通してのコミュニケーションに つながりますから。願わくば、自分のプレーでお客さんがポジティブな エネルギーを感じてくれたら嬉しいです。最後に、歌心でしょうかね。 口ずさむ感じでソロやリズムが弾けたら最高だといつも思います。

_使用ギターについて教えてください。

昨年7月にMOON社に作っていただいた僕のシグネチャー・ モデル(TE - Shun Kikuta Model)を愛用しています。


_今回リリースした「Rising Shun」についてPRしてもらえますか

今の僕のすべてが詰まったアルバムと言えます。全13曲中8曲はオリジナルで、曲作りやアレンジにも力を注いだ作品です。そう 言う意味でストレートなブルースとは違った一面もかなり出ています が、僕の中にはそう言う部分もあるので、リスナーにエンジョイしてい ただければ嬉しいですね。あと、ブルースの女王ココ・テイラーはじ め、シカゴと日本の信頼するミュージシャンがバックでプレーしてくれ たので、演奏のクオリティにはとても満足しています。


_最後に日本のファンに一言お願いします。

これから、もっともっと日本での活動も増やして行きたいと思っていま す。どうか、菊田俊介が近くにライブにくる時にはぜひ見に来てくださ い。ブルースを中心にした楽しめるライブにすることは約束します!そして、僕の新作[Rising Shun]もどうか、よろしく。


■ Rising Shun / Shun Kikuta
  (Yotsuba Records BCSKS-1)
Shun Kikuta(Gt, Vo) Koko Taylor(Vo), J.W.Williams (Vo) Gerald McClendon(Vo), Billy Branch(Harp) Stan Banks(Key), Andre Howard(B) Charles Mack(B), Mark Mack(Ds) Jam Horns, Jamsbee, Atsushi Katano(B, P) Yoshikazu Seki(Ds), Voices

□ 菊田 俊介WEBサイト
http://www.shunkikuta.com/



バンド・ミュージシャン
レコード会社・レーベル
楽器関係

音楽系出版社・広告


オリジナルピックをつくろう
NAZCA(ナスカ)ギターソフトケース
オリジナルプラスチックカードを作りませんか?
SA official website