ホームに戻る

<HOME >初心者FAQ集 >DRUMS
音楽スタジオ検索
スタジオ検索TOPへ
レコーディングスタジオ

音楽スタジオ登録 音楽スタジオ登録
初心者FAQ集
GUITAR
BASS
DRUMS
VOCAL他

音楽人用掲示板
PC版BBS

携帯版音楽人
音楽スタジオ情報登録

初心者FAQ”DRUMS編”

”音楽人”ではこれまでビギナーミュージシャンの皆様からたくさんの質問を頂いています。その中から「きっと皆、こんなことで困ってるんだろうな〜」という例をここにあげてみました。まずはQ1〜Q10をご案内します。


Q1
最初に何を買えば??A1
Q2
スティックが自分にあってるかどうかがわかりませんA2
Q3
どこの楽器屋さんに買いに行けばいいの?A3
Q4
とっても安いフルセットが売ってるけど、あれじゃだめ?A4
Q5
最初にやるべき練習ってどんなの?A5
Q6
やってみたけど全然手足が動きません!A6
Q7
家じゃ練習できないですよね?A7
Q8
スタジオにはドラムがあるの?A8
Q9
左利きなんだけど、左利き用のドラムってあるの?A9
Q10
手のひらがマメだらけになって痛い!A10
Q11 イスの高さってどれくらいがいいの?A11
Q12 ドラムの譜面って普通と違いますね?A12
Q13 コーラスをとりたいけど叩きながらって難しくない?A13
Q14 まずはスネアを買おうと思うけど種類が多すぎて・・・・A14
Q15 ドラマーになるために参考になるサイトは?A15
Q16 8ビートなら叩けるけどなぁ・・・A16
Q17 リムショットって言葉をよく聞くけど、これ何だろ?A17
Q18 ひとつ打ちとは?A18
Q19 二つ打ちとはA19
Q20 足の効果的な練習方法って?A20


list 【ボイスサンプル作るならココ!】 レコーディングスタジオ一覧
list 音楽人オススメの楽器店一覧
list リゾートスタジオへ行こう〜合宿スタジオ紹介〜

A1

まずはスティック。なければ話が進みませんですね。楽器屋さんであれこれ手にとって、しっくり来るものを選びましょう。3セットとかで安く売ってるのもありますね。最初はそのような商品でも十分です。(1セットだと1本折れたらそれまででしょ?なので2セットは欲しいところですね)セットで700円くらいから、高いものではカーボン製で1セット2000円以上のもありますよ。(←なかなか折れなくていいんだこれが)で、次にはフットペダル。これも価格と定員さんの話を聞いての判断で決めましょう。1万円から、高級品で5万クラスのもありますが、まずは1万円ので十分ですよ。

このページTOPに戻る


A2

それもそうですねー。では実際に楽器屋さんに行って手にとって見ましょう。たくさんの種類がありますね。最初はもう値段で決めちゃいましょうか?いいんですそれでも。うそじゃないけど、最初はどんな人でもそうやって年数をかけて自分にあったスティックを絞り込んでいくんですよ。ちなみに私はTAMAのH-214Bですよ。

このページTOPに戻る

A3

自宅の近くに楽器屋さんがあればいいんですけどねー、ない場合もありますよね。東京で言えば渋谷、新宿、御茶ノ水ならばもう何件もありますけどね。やはりドラム専門フロアがあるようなお店だと品揃えも豊富なのでいいですよね。ちなみにギターショップに行ってもドラムスティックは売ってませんですね。近場に楽器店がない場合は今度の日曜日に視察がてら出かけて見ましょう。
A4

ありますねー、フルセットで\30,000円台とか。いえ、決して「ダメ」ではないんでしょうけど、楽器に限らず「高い安いには理由がある」のです。たとえば車。相場では50万円の中古車が30万円、こりゃ安いぞってことで買ったはいいけど足回りはガタつくわ排気は真っ黒だわ、ワイパー止まって何も見えんわ、しまいにゃ大事故、罰金と賠償で何百万。はい、よくある話です。よーく考えよう。お金は大事ですから。。

A5

では一覧表にしますよ。下の表を見てください。

数えましょ♪
1
2
3
4
5
6
7
8
右手HH(ハイハット)
×
×
×
×
×
×
×
×
左手SD(スネア)
1
11
11
1
1
11
右足BD(バスドラム)
1
1
1
1
1

左から右へ、表の順に手足を動かしてみましょう。実はこれ、8ビートのよくあるパターン1小節です。口で言うと「ドンタンドドタン」と、こうなるわけです。あとは最下段のBDのところを色々変えて見ましょう。SDと一緒になっててもかまいませんよ。まずはこのあたりからはじめてみましょう。

このページTOPに戻る

A6

ありま-。で、「やってみた」とは何時間ですか?または何週間ですか?「30分です」って?それでは何もやってないに等しいのでありますよ。そんなすぐに出来るわけはございません。上の8ビートだけで人によっては1週間かかる人だっているんです。反復練習ですよ。はいはじめっ
このページTOPに戻る
A7

とんでもありません。ほとんどの人は家にセットがないわけで、ならば皆が皆家では練習しないのか?そんなわけはないのであります。A5のパターンだって、セットがなくたって手足を動かす練習は椅子さえあれば出来ますよね。そもそもコピーしたい、叩いてみたい音楽があるなら、それを何百回も聞く。そうすると叩いている自分の姿が浮かぶと思うんです。人によってはこれだって立派な練習ですよ。
このページTOPに戻る

A8

よほど変わったスタジオじゃない限り、必ずドラムセットもシンバルもあります。安心してくださいませ。あ、スティックはないですからね。自分のを持っていきましょう。フットペダルもお持ちでしたら是非持参しましょう。使いながら色々な調整をして自分の踏みやすい状態を早くつかみましょうね。

このページTOPに戻る

A9

実はドラムセットには「右利き:左利き」の区別はございません。もともとバラバラのモノを組み合わせて使うものなので、普通に見えるドラムセットを左利き用に置き換える、セッティングを変えるだけのことなんですよ。なので色々なスタジオの色々なメーカのドラムセットをたくさん触ってみるのも勉強になるんですよ。叩き易いセッティングを研究してみましょうね。
このページTOPに戻る
A10

すみませんけど、我慢してください。マメが出来るくらいでちょうどよいのです。私もドラムを始めたころマメが破けては七転八倒していましたですよ。でね、それを無理やり続けていくと今度は丈夫なタコになるんです。こうなってしまえばもう大丈夫。半年を目処に丈夫なタコを育てましょう。
このページTOPに戻る

A11

人によって好みは様々だけど、よく言われているのは
「座って、ひざがこぶし1個分下がってるくらい」でしょうか。
ちなみにイスが低いと「音量がUPするが、早い動きが難しい」し、
イスが高いと「早い動きがやりやすいけど音量が下がる」のであります。
このページTOPに戻る

A12

はい、全然違いますね。
でね・・・あのー、皆さん、もう譜面譜面って姿勢はそろそろやめませんか?
耳でコピーしましょうよ。そのほうが絶対将来のためにいいです。
今のうちに耳でとるクセをつけておかないと、困ることが出てくるんです。
だってオリジナル曲を作るとき・・・譜面どーします?どうしょもないでしょ?
と言うわけでスコアもいいけど、耳でコピーしましょう。100回聞きましょう。
このページTOPに戻る

A13

ええ、難しいですよ。それが何か?(失礼っ)
当然ですね。手足の動きと歌って全然かみ合わないことがありますから。
で、こればっかりは慣れでありますよ。プロのドラマーでもコーラス:ヴォーカルをとる場合、手足の動きは若干クオリティが落ちるものです。(ほんっと微妙なところですけどね)なのでスタジオで何度も繰返して練習しましょう。3年もたてばきっと上達しています。
このページTOPに戻る

A14

では、ものすごーく大雑把に教えてあげましょうね。
・直径14”が常識サイズ。
・深さは代表的なのが5”、5,5”、6,5”の3種類。
・深いと低音が、浅いと高音が強調される。
・金属の胴だとかん高く、木胴だと温かみがある
・・・ってことなので、もしもHMをやりたいのなら「金属胴(スチールシェル)で深さは6,5”」で決まりかと。歌モノしっとり系ならば木胴で5,5”がいいかな?でもこれって絶対ではありません。(私は6,5”スチールシェル1個であらゆるジャンルをやってます。ミュートの具合と叩き方で音色を変えてるわけですよ)一番安いモノを避けて、後は予算に合わせて選びましょう。
このページTOPに戻る

A15

これだっ!.++sugi-g.net++
他に、メーカーサイトなんかも是非見てみましょう。
ドラムのことが色々わかりますよ。

PEARL ・TAMA ・YAMAHA

このページTOPに戻る

A16

本当ですか?間違いないですか?絶対でしょうね???
では聞きますよ?「8ビートってなんですか?」・・・・・・・・・・ほーら。言われてみると判らないでしょ?ではいいですか、申し上げますよ?
「8部音符であればどこにでもアクセントが入る可能性があるリズム」・・・はい100点。『皆が良く知ってるドンタントトタン」は、たまたま3拍目と7拍目にアクセントが入ってるだけ。ここでよく考えて見ましょうね。無限にアクセント位置が考えられるでしょ?アクセントが入らないって場合さえありますから。ね?簡単に「8ビートは叩ける」なんて、言えないんですよ。さーがんばって練習してくださいませ。
このページTOPに戻る

A17

えー2種類ありますよ。まずはオープンリムショット。これは、スティックで「ヘッドとリム(金属の輪っかね)同時に叩くんです。すると「カーン」ってな金属音がすごい音量で出ますよ。ロック系のビートでは全拍リムショットでもOKですね。次がクローズドリムショット。これは、バラードとかで聞いたことありませんか?「コン」ってか「クッ」ってか、とにかく気取った感じの小さい音。あれあれ。スティックの片方をヘッドにくっつけたまま、もう片方をリムに当てます。この場合スティックを逆に持つ場合が多いですよ。
このページTOPに戻る

A18

文字通り1回ずつ左右交互に打つ。これがひとつ打ちです。「タンタカ」って場合は「右:休み:右:左」とたたきましょ。空振りを忘れずに!(オルタネートっていいますよー)別名:シングルストローク
このページTOPに戻る

A19

文字通り文字通り片手2回ずつ打つ方法。右右左左、これで二つ打ちですね。(別名ダブルストローク)これをとっても早く続けると「ロール」になりますよ。ダラララララララってやつね。スティックを押さえつけてはねるようにして打つのは「プッシュロール」と言ったりしますよ。
このページTOPに戻る

A20

いろんなパターンを叩いてみるのが一番手っ取り早いんですが、ためしにHHを一定の8部音符でリズムキープしましょう。で、そのHHに対して今度はBDで四分音符とか8部、三連譜とかって音符を移動、これでも十分練習になりますよ。でも楽しくなさそうですね。ここはやっぱり曲を色々叩いてみるのが一番だと思います。
このページTOPに戻る

他の楽器FAQへ→
ギター べース ヴォーカル他

 

バンド・ミュージシャン
レコード会社・レーベル
楽器関係

音楽系出版社・広告


オリジナルピックをつくろう
NAZCA(ナスカ)ギターソフトケース
オリジナルプラスチックカードを作りませんか?

SA official website